カタチあるものは いつかなくなり おもうキモチは なくならない 不器用な娘と父が通帳を通じて交わすストーリー

父の病 編

scroll

失いかけて気づいたその「おもい」

今度生まれてくる時もまた お父さん、お母さんの子供がいい。 そう思いたくなるほどに家族とはおもいあうもの。

ほめられた日も おこられた日も どんな日々でも きっと愛しい。

父母の愛を一身にうけ 彼女は成長し、自信に満ち溢れていた。 輝ける意志を胸に抱き 夢中で駆け抜けてきた。

ひとりで... いや ひとりではなかった。

いつも いつまでも どこまでも 彼女のかたわらで見守り続けた あたたかい家族がいた。

そんな家族同士の「おもう」気持ちを どんな時でも応援しています。

父の病 編  TIME 1’30”. キャスト |小西 楓 幼少期は父のことが大好きだったが、次第に父・輝雄の倹約ぶりにあきれ始める。だが、決して嫌いになったわけではなく、大切な存在だと思っている。 小西 輝雄 楓の父。大阪市内でたこ焼き屋を営む。楽しみは、娘の成長と貯金の成長。見た目は怖いが、優しい性格。髪の毛のない頭がたこ焼きに似ていることは彼の鉄板ネタ。

大阪をおもい、大阪に住む人々とともにある銀行 大正銀行へ

楽曲アーティスト【伊藤 智恵(いとう ちえ)】京都教育大学出身。4歳よりピアノ、20歳よりヴァイオリンを始める。現在も関西のアマチュアオーケストラで活動中。大学卒業後、企業で勤務する傍らDTMを始め、2012年から2年間大阪スクールオブミュージック専門学校で作曲を学ぶ。現在は主婦をしながら、多くの映像作品に楽曲を提供中。